ボディボードの基本テクニック

ボディボードは初心者からでも、しっかり基本さえ出来ていれば、後は応用していくだけです。そんなボディボードの基本テクニックについてみていきます。
上達の参考になれば幸いです。

ボディボードの基本テクニック記事一覧

ボディボードの基本スタンス出来ていますか?初心者の方なら、まずは基本のスタンスを覚えることが大切ですね。そして誰でも綺麗な自然な基本スタイルのとり方としては、まずボードの中心と自分の体の中心であるおへそを合わせるようにしてボードに乗り込みます。次に、上半身をうんと反らして胸を張ります。両腕は肩幅くらいに開いて脇を締め、両手をボードのノーズのところに置きます。肘の角度を90度くらいになるように保ちま...

ボディボードで単に波に真っ直ぐに乗るだけでなく、波を横に走る際に必要になってくるのがライディングスタイルです。波に上手く乗れても、ライディングスタイルが出来ないと次に進むことが出来ないので、基本のテクニックとして初心者の方はしっかりママスターしておきたいですね。ライディングの基本として右側に行くことを「レギュラー」、左側に行くことを「グーフィー」と言いますが、右側に行くなら、基本スタンスを保ったま...

ドルフィンスルーが上手く出来ますか?このテクニックはきちんとマスターするには3〜5年かかるとも言われていますね。とは言え、ボディボードの楽しさは、やはり気持ちよく波に乗ること。その為には沖にに出なくてはならないので、その沖に向かっていくことをゲッティングアウトと言います。そして、沖に出るには波を乗り越えていかなくてはいけませんが、波が大きくてどうしても越えられないようなら、下を潜っていこうという考...

ドルフィンスルーやキックで波に乗れる位置まできたら、自分が乗れる波を待たなくてはいけませんね。ですが、この時にうねりに煽られてバランスをとるのに必死になっているようでは、体力も消耗してしまい、肝心の波が来た時に自分の持てる力を十分に発揮出来なくなってしまいます。また、海にも様々な流れがあり、ボーッとしていると波に乗れる位置から離れてしまうこともあるでしょう。そこで、沖に出て波を待つやり方や方法を知...

ボディーボード 初心者は、方向転換が出来るようになったら、波が崩れた後に出来るスープ波に乗ることから始めてみると良いですね。初めのうちはうねりから波に乗るのは難しく、波がくるタイミングも実際に体験しないとわかりにくいので、波に押されて乗る感覚とタイミングをスープでしっかり掴みましょう。そして、スープ波に乗る時に押さえておきたいのは、最初からキックを全力で行うのではなく、初めはゆっくりと行い、波が近...

テイクオフが上手く出来ますか?スープでのライディングは上手くできるが、波によってはうまくテイクオフが出来ないという悩みをお持ちのボディボード初心者の方も少なくないでしょう。そして、基本のテイクオフのやり方としては、波のうねりを見つけたら、まずゆっくりキックを始めるようにします。この時には下半身はボードに乗りこまないようにして、水中にある状態にしておきます。波がせり上がってくるのを感じたら、波のフェ...

カットバックが出来ますか?ライディング中に波のピークから離れて勢いがなくなってきた時に、再度ピークに戻るのに有効なテクニックです。カットバックは簡単に言えば、ターンを2回連続して行うことですね。波がとろくなってきたら、スピードがあるうちにボトムターンで波のトップに上がり、そこでレールを入れ換えて再びボトムに向かって降りていくトップターンと同じ要領でレールを入れ換えて、進行方向を元に戻してライディン...