トップターンのコツ

シャープなトップターンが出来ますか?
これはボトムターンで波のトップにあがって、そこでレールを入れ替えて、再度ボトムに向かって降りていく基本のターンですね。

 

 

そんなトップターンのコツは、波側のレールから如何に素早く岸側のレールに重心移動するかでしょう。
ここでもたついているとボードは波おトップに過ぎて波の裏側に出てしまいますよね。

 

 

一連のやり方の流れとしては、波側のレールを水中に入れて、これから行こうとする方向のトップに向くまでボトムターンをします。この時にはトップの位置を見ることが大切です。

 

 

そして、波のトップに上がりながら徐々に重心移動をして波側のレールを抜いておき、ボードは波に対して出来るだけフラットにしておきます。
この時には重心を入れ換えがら、岸側の手で軽くボードを押してあげると良いでしょう。

 

 

波のトップに来たら岸側のレールに重心移動をして、岸側のレールを水中に入れて水面を切るようにトップターンをします。
また、ボトムターンと同様に肩のラインとボードは平行になるようにしますが、頭はあまり岸側に傾けしすぎないようにしましょう。

 

 

なお、このトップターンを応用し発展させたテクニックに、崩れてくる波のリップにボトムを当て、そのままスープのの上を滑って波のボトムを降りてくるローラーコースターになります。
このような技が出来るようになる為にも、まずは基本のテイクオフやライディング、ドルフィンスルー、ボトムターン、そしてこのトップターンを今のうちにしっかり身につけておきましょう。

 

 

この近藤義忠プロが教えるボディボード上達革命(DVD)では、トップターンをする際に体重をかけるタイミングや体重移動のコツなども映像で分かりやすく解説してあるので、しっかりやり方を掴んでおくと、その後の上達が早まるでしょう。

 

初心者からでも練習の質を上げて短期間で上達する方法

 

ボディボード上達革命DVDの詳細を見てみる