スピンの原理

ボディボーダーなら、スピーンは誰もが憧れるテクニックですね。
ですが分かったつもりになっているだけで、確実なスピン動作が出来ていない人も少なくありません。

 

 

その為、初心者の方ならどうしてボードが波の上で回転するのか、まずはスピーンの原理を知っておくとその後の上達が早くなります。

 

 

そもそもボードが回るといっても、水面の一点で回転するのではなく、常にボードが移動しており横滑りしながら回っています。
例えば、ボトムターン後のグーフィの波でのフォワードスピンする場合なら、左回りの基本体勢からボトムターンをすると弧を描いて水面を上がっていきます。

 

 

この時のボードには外側へ向かう遠心力が働いています。
ですが、波側のレールが水面に入っているので、ボードは外側に流れずにターンをしていきます。

 

 

そして、ターンの最中にレールを抜いて、ボードのボトムを水面に対して水平になるようにすると、これまでボードを水面に押さえつけていた力が取り除かれ、遠心力によりボードは横滑りを始めるのです。

 

 

次に、これを回転運動に変える為に、ボードを波に対して平らにした時に、波側のノーズよりのレールに体重をかけます。
そうすると、ボードのノーズとテール側に水の抵抗差が出来ます。

 

 

ノーズ側は水の抵抗が大きくなるので横滑りしにくくなり、逆にテール側は抵抗が減るので横滑りしやすくなります。
これでボードはテールが流れるように感じで回転するようになるわけです。

 

 

初心者からでも練習の質を上げて短期間で上達する方法

 

ボディボード上達革命DVDの詳細を見てみる