ボトムでのスピンのポイント

ボトムでのスピンが出来ますか?
そもそも右から左に崩れる波のレギュラーでも、その逆のグーフィーの波でも、スピンのきっかけは、レールを水面から抜いて、テールをスライドさせて横滑りさせることです。

 

 

その為、ボトムでもボードを水面に対して水平(フラット)にして、横滑りしやすくすることが大切です。
これはスピンを波のどの位置で行うにしても共通する基本の動作です。

 

 

ですので、ボトムでスピンをかけるなら、ボトムターンに入ったところで波側のレールを水面から抜くことが押さえておくべき大事なポイントです
そして、水面に対してボードをフラットにする為に、波側にあった重心を岸側に移動させます。

 

 

この時には、左手でボードを軽く押さえるようにします。これは重心の移動の加減を微調整でき、スピンの成功をサポートしている動きになり、これでボードをフラットの状態に保つわけです。
これも大事なポイントです。

 

 

また、左手の力加減は、ボードスピードや波の大小によって、強めたり弱めたりすると良いでしょう。
そして、波側テール寄りの重心のボトムターンからボードセンターのノーズ寄りの重心にし、ボードをフラットにして横滑りにし、すぐに波側ノーズ寄りの重心に移して、回転の支点を作るようにします。

 

 

この一連の重心移動の動作がスムーズに出来るようになるまで繰り返し練習しましょう。

 

 

の近藤義忠プロが教えるボディボード上達革命(DVD)では、フォワードターンのスピンの乗りこみから目線などのコツが実演での映像で分かりやすく解説してあるので、短期間で効率よく上達したい方は必見でしょう。、

 

文章では分かりづらいことも映像での解説とメールサポートでバッチリ分かる。

 

ボディボード上達革命DVDの詳細を見てみる

 

 

関連ページ

スピンの原理