フェイスでのスピンのポイント

フェイスでのスピンが出来ないという悩みはありませか?
波の下部のボトムでスピーンをかける時には、ターンに入る直前に水面からレールを抜きましたが、フェイスでのスピンは波の斜面でレールを抜きます。

 

 

ボトムとフェイスでのスピンでは、レールを水面から抜く位置が違ってきますが、後の動きはボトムターンからのスピンと同様な動きになります。

 

 

ですが、フェイスでのスピンはボトムスピーンのように波の斜面を下りる時のようなスピードをつけることが出来ません。
その為、出来るだけスピードを落とさないように回転する必要があり、如何に抵抗を少なくしてスムーズに回転するかがフェイスでのスピンを成功させるポイントでしょう。

 

 

また、失敗する人に多いのが、ボードに急激に乗り込んでしまうことです。
と言うのも、水平に近いボトム面を回転する時に比べて、波のフェイスでのスピンは角度がある斜面で行うので、レールを抜いて回転の支点を作る時に、ボードが水平になる前に重心移動が始まるようになります。

 

 

そうなると、角度のある波の斜面にボードが食い込んで、回転運動が止まってしまうのです。
このようにスピンの最中は極端に乗り込んだり、急激な重心移動をするとスムーズな回転を妨げてしまうことになります。

 

 

とは言え、スピンをする時にスピードが十分ではないので、自分の体を使って勢いをつける動作も必要になってくるでしょう。

 

 

この近藤義忠プロが教えるボディボード上達革命(DVD)では、スピンの乗りこみ方から、目線に気を配り、首の振りを活かした振り子の原理で勢いをつけて素早く回転するコツなども紹介してあります。

しっかり映像を見て学んでから練習することで、短期間で効率よくフェイスでのスピンが上達して、思い切り楽しむことが出来るようになれるでしょう。

 

フォワードスピンの目線とは?

 

ボディボード上達革命DVDの詳細を見てみる