良い波の見つけ方

良い波を見つけることが出来ていますか?
ボディボーダーは、ライディングする波を探し、その崩れようとしているところまで移動し、そこで更に乗れる波を選択しなければいけません。

 

 

つまり、これを見つける、もしくは選ぶ技術がないと多くの波を掴むことが出来ません。
そして、ボディボードで滑る部分は波の斜面(フェイス)の全体になり、中上級者はその上部のトップから底のボトムの間をターンして上下しながら滑っています。

 

 

そして、良い波と言われる要素には、波の大きさ、切り立ち方、カールまたはチューブと言われる波の空洞があるか否かなどの様々な要素がありますが、一番大切なのはブレイクの速さが一定であることです。

 

 

理想的なのは、一ヶ所からブレイクが始まり、それが順序良く左右に同じスピードで広がっていく波です。
逆に一気に崩れて、滑れる斜面が全くなければライディングすることも出来ませんよね。

 

 

ですので、一定のスピードで徐々に崩れていくのが練習には適していますが、そう都合よく現れてはくれないものです。
その為、初心者の方なら良い波というよりは、まずは安全に楽しく練習出来る場所を第一に考えましょう。

 

 

具体的には、海水浴場になるような遠浅の砂浜が最適です。
海底が岩や珊瑚礁などの浅瀬でブレイクする波は、岸からかなり離れた沖合で出来るのが一般的で、技術的にも高い上級者でないと乗れる波ではないので、レベルが上がってから挑戦すると良いでしょう。

 

 

なお、海底が砂で起きるものをビーチブレイクと言いますが、必ず潮の流れがあり、風が強くなったりすると強まるので注意して下さい。
また、人の多いビーチでは人との接触も危険な事故のひとつです。

 

 

この近藤義忠プロが教えるボディボード上達革命(DVD)では、初心者でも楽しく練習出来るように良い波の見つけ方も解説してあります。

 

初心者からでも短期間で効率よく上達出来る方法

 

ボディボード上達革命DVDの詳細を見てみる