ボディボードのキックのやり方

正しいボディボードのキックのやり方が出来ていますか?
ボディボードを楽しむ為には、ドルフィンスルーやキックでまずは沖に向けてパドルで波を越えて出て行くゲッティングアウトをしなければいけませんね。

 

 

ですが、大きな波などがくると沖に出るまでが大変ですし、波に乗る為には、今度は岸に向かってテイクオフしなければいけません。

 

 

ただ、足にフィンをつけてキックが出来るので、サーフィンに比べれば推進力が強く、スピードを必要とするテイクオフも比較的に簡単に出来ます。
この点が、筋力がない女性などにも人気がある理由のひとつとも言えるでしょう。

 

 

ですが、それでも正しいキックのやり方を身につけていないと疲れるだけで十分なスピードを得ることが出来ません。
少ない力で効率よく進む為には、まずは足首をしっかり固定して、脛から足の甲までが一直線の棒になるように力を入れます。

 

 

その状態で軽く膝の力を抜いてバタ足の要領で膝から下で力強く蹴り下ろします。
これはサッカーのボールを蹴る時と似ており、足がボールに当たるまでは膝は曲がっていますが、当たった後は膝から下を振り出すように蹴っていて、膝は伸びきっています。

 

 

ボデイボードのキックもそれと同じ要領です。
ですので、一方の足で甲とすねに水圧を感じるように蹴りおろし、逆の足は足裏とふくらはぎを蹴り上げます。
この時に水面を叩くようにすると半分は空気を蹴っているようになり、水しぶきがバシャバシャするようになります。

 

 

このようになると、なかなか推進力を得ることが出来ず、前に進むことが出来ません。
その為、フィンが水面から出るか出ないかくらいの深さで足を水面より下で行うのがキックのやり方のコツです。

 

 

イメージとしては、イルカの尾びれの動きを片方ずつでやる感覚です。
ただ、足ひれ自体に浮力があるので、足を伸ばしきってしまうと足が水面から出てしまいやすくなりますが、出過ぎても、逆に沈みすぎても効率のよいキックは出来ません。

 

 

その為、足は伸ばさずに股関節をグッと前のボードに入れ込むような感じでおこなうと、太腿が水の中に入るので、その状態でキックすると良いでしょう。

 

 

初心者からでも短期間で効率よく上達出来る方法

速いキッキングをするための足の使い方とコツをお教えします!

 

ボディボード上達革命DVDの詳細を見てみる