ライディングスタイル

ボディボードで単に波に真っ直ぐに乗るだけでなく、波を横に走る際に必要になってくるのがライディングスタイルです。
波に上手く乗れても、ライディングスタイルが出来ないと次に進むことが出来ないので、基本のテクニックとして初心者の方はしっかりママスターしておきたいですね。

 

 

ライディングの基本として右側に行くことを「レギュラー」、左側に行くことを「グーフィー」と言いますが、右側に行くなら、基本スタンスを保ったまま、右を見て顎と肩を近寄せるようにして右肩を引き込み、左手を腰あたりまで引きます。

 

 

このようにすることで、自然と重心が右に傾いてきて、体重移動が出来てしまうんですね。
左側に行く時も全く同じで、行きたい方向を見ると腰に無理なく体重がかかって、おのずと行きたい方向に行けるようになります。

 

 

注意点としては、頭はあくまでボードの中心になるようにし、見る方向に頭を傾けないようにして下さい。
ですが、ボディボード初心者は怖いためか下を向いてしまう人もいますが、行きたい方向をしっかり見ましょう。
まずは、海に入る前に視線の位置や頭、顎、肩の位置が正確に出来ているかどうか、自宅で鏡などを使って確認して見ると良いですね。

 

 

また、手の引き方も必要以上に引き過ぎないように気をつけて、脇が身体にくっつくらい引けば十分です。
そして、この時に気をつけたいのが、背中を丸めない、脇からボードを出さないことです。苦しくても脇を締めるようにしましょう。

 

 

更に、ボードの横を引いた手で掴まないことも大切です。これはボードの先であるノーズを掴んではいけないのと同じで、横を掴んでしまうと、そこから浮いてしまいバランスが崩れやすくなるからです。
常にボードは波と並行して走るように、手で上から押さえて下さい。

 

 

あくまでライディングスタイルも、基本スタンスと同じようにボードは視線で動いていくので、基本の視線の動かし方ができれば、体重移動もおのずと出来るようになります。
絶対に手でボードを動かそうとしないことを、肝に銘じておきましょう。

 

 

そうすれば、スタンスも綺麗に決められ、ボードをコントロールできるようになり、間違いもおかさないで済みます。

 

 

海の上の実技はもちろん、陸上での解説も充実して分かりやすいです!

 

ボディボード上達革命DVDの詳細を見てみる