斜めライディングのポイント

波に長く乗り続けることが出来ていますか?
そんな波に長く乗り続ける為のポイントの一つに波が崩れる(ブレイク)する方向に斜めライディングすることがあります。

 

 

右に行くレギュラーブレイクの場合なら、テイクオフ後、ボードが滑り降りるタイミングで、左手を腰の位置まで下げてボードを掴み、上半身全体を少し波が崩れる方向寄りに移動させて斜めライディング姿勢を維持しましょう。

 

 

また、サーフィンなどでも良く使われる斜めライディングの応用に、ボードを上下に動かすアップス&ダウンをマスターすると良いですね。
波のトップからボトムまでの斜面(フェイス)を利用して、レールを入れたり、抜いたりとボードコントロールするのです。

 

 

テイクオフ後にボトムへ向かって滑り降りる時に斜めライディングの姿勢をとると波側のレールが食い込み、斜め横に向かってボードが進みます。
そこから上半身を岸側に向けてレールを抜くと、ボードはまたボトムに向かって滑り降りるというふうにレールワークを繰り返すことによってボードが上下に動きながら加速します。

 

 

ボディボードの場合なら、斜めライディング姿勢に切り換え、波側へレール入れれば斜めに進めます。
そして、右へ向かうならそこから左手で掴んでいるレールを緩めると、波側のレールが抜けてボトムへ向かいます。
再び左手で腰あたりのレールを掴み、斜めライディング姿勢へ切り換えると、ボードは斜めに進みます。

 

 

この動作を繰り返すわけです。
ただ、ボトムへ向かう姿勢と斜めライディング姿勢をテンポよく切り換えることが大切で、ボードの動きと、体がバラバラにならいように注意しましょう。

 

 

いずれにしても、斜めライディングの基本姿勢をしっかり覚えておくことが大切です。
これはターンでも欠かせないので、ボディボード初心者の方は、まずは陸上で、体重移動とともに、この姿勢がとれるように練習しておくと良いでしょう。

 

 

ポイントは、顔は進行方向に向ける。波がレギュラーであれば頭は右、グーフィであれば
左の肘に上に来るように移動して、体重は肘とお腹にかけ、ボードが傾いても、顔は傾けないようにしましょう。

 

 

この近藤義忠プロが教えるボディボード上達革命(DVD)では、スムーズに行えるようになる斜めテイクオフからのライディングのポイントやコツ、陸上での練習方法なども解説してあります。

 

初心者からでも短期間で効率よく上達出来る方法

ボードコントロールのやり方をお教えします!

 

ボディボード上達革命DVDの詳細を見てみる