波待ちと方向転換のやり方とコツ

ドルフィンスルーやキックで波に乗れる位置まできたら、自分が乗れる波を待たなくてはいけませんね。
ですが、この時にうねりに煽られてバランスをとるのに必死になっているようでは、体力も消耗してしまい、肝心の波が来た時に自分の持てる力を十分に発揮出来なくなってしまいます。

 

 

また、海にも様々な流れがあり、ボーッとしていると波に乗れる位置から離れてしまうこともあるでしょう。
そこで、沖に出て波を待つやり方や方法を知って、常に自分のいる位置を確認しながら波を待つことが大切になってきます。

 

 

更に、自分の乗ろうとする波が近づいてきたら、波に乗る為にボードの向きを岸の方へ変えなくてはいけません。
その為、波が自分のところに来るまでに素早い方向転換のやり方を身につけておくことが必要です。

 

 

そして、楽な波待ちの姿勢としては、基本の体勢よりもやや腰の位置をボードから落とし、脚を沈めた体勢が、沖で波を待つには楽です。
足を沈めることによって安定し、更に波が来た時の方向転換もしやすいのです。

 

 

また、ある程度ボディボードに乗るのに慣れたらボードの上に座って待つのも良いでしょう。
バランスを取るのが少し難しくなりますが、少しボードの後ろ側に乗り、ノーズを水面に出るくらいにして、足腰でバランスを取るようにするのがコツです。

 

 

この波待ちの姿勢なら、視線が高くなるので波が良く見えるという利点があります。
一方の素早い方向転換のやり方としては、まずは基本姿勢から水の中に浸るように脚を沈めていきます。
次にテールに体重を掛けながら手でノーズを持ち上げボードを立てるようにし、つま先を回すように脚をキックすると、ボードが回り出します。

 

 

この時に回りたい方向に体をねじり、手でもボードが回りやすいように手助けしてやります。
脚が沈んでボードがしっかり立っていれば、下半身が回転する軸のようになって簡単にボードが回ってくれるようになるでしょう。

 

 

この近藤義忠プロが教えるボディボード上達革命(DVD)では、今まで見えなかったパワーのある波の位置を探し出す方法が分かります。これができると、使える波の数が増え、効率よく練習ができますので、それだけ上達も早まるでしょう。

 

プロが教える短期間で飛躍的に上達するコツと練習法!

 

ボディボード上達革命DVDの詳細を見てみる